名刺

名刺作成時のタブー・ルール

文房具

会社や、または個人的に持っている人も多い名刺ですが、名刺を作る際にタブーというものがあります。まず、名刺作成時に名刺の中に記載する文字を小さくしすぎるのはタブーです。パソコン上で作っているとき、やはり実際の名刺のサイズというのがわからなくなってしまうことがあります。なので、文字を小さくしすぎてしまっていたりなんてことがよくあります。
基本時には、フォントサイズは最低でも6ptほどにするべきだとされています。会社名や名前といったところの強調したい部分は、フォントサイズを大きくするとよいでしょう。また、住所などといった補助的な内容は、小さめのサイズを使うと名刺もよくなります。
名刺作成時のルールとして、やはり名刺に入れておいたほうがいい必須の情報は入れておかなければその名刺は役割を果たしていないと考えられます。必須の情報とは、名前であったり会社名、所属部署、住所、電話番号などですが、必要に応じて増やしたり減らしたりすることが大切です。またこれらの情報が記載されていないから名刺ではないというものではなく、どんな情報が必要で、またどんな情報が不必要のものなのか見極めることが重要となってきます。

最新の記事

名刺

ネット注文で印象深い名刺を作成可能

インターネットが普及した現代においては、紙媒体からデジタルへの移行が進み、ビジネス文書もネット上で管理されるケースが多くなりました。しかし、名刺に限っては依然としてオフラインにおける重要な情報伝達ツールとして機能し続けています。ネットが普及した…

MORE

打ち合わせ

オフ会用の名刺作成

オフ会用の名刺作成が最近ではよく作られています。就職している会社の名刺ではなく、掲示板やチャット、SNS等のインターネット上で知り合った方同士が現に出会うときに用いられます。このときにやはり、自分は何者なのかを紹介するときに名刺が使われるように…

MORE

TOP